HOME >ホルミシス効果とは

ホルミシス効果の抗酸化作用について

 ストレスなどの原因により、人体内に発生する過剰な活性酸素には毒性があり、これが細胞組織の障害となり、老化や発ガンなどの様々な病的状態を生み出しているが、これに対し、人体には活性酸素を消去したり損傷を起こした分子を修復したりして障害を防御する機能がある。この抗酸化防御機能は少量の活性酸素を人体内部に発生させる環境下では活性化する。つまり、低線量放射線は少量の活性酸素を人体に発生させる機能があり、その結果として人体の抗酸化機能が活性化するのである。

低線量放射線にはビタミンCやビタミンEの摂取による抗酸化作用とはケタ違いの働きがあります。放射線は細胞の大部分を占める水を電離させて活性酸素を発生させ、体内の抗酸化の仕組みのスイッチを入れて活性酸素を打ち消してしまうのです。





 アメリカで開催された「低線量放射線の健康影響についてのシンポジウム」の論文の中で低線放射線照射による活性酸素の生成は低線量では促進的に高線では抑制的に作用することがわかったのです。
 


ホルミシス製品取り扱い一覧

写真ホルミシス効果にて療養される方へ最適な製品を取り揃えました。出来るだけ価格を抑えて癒しを必要とされるお客様にご提供いたしております。

ホルミシス製品詳細ページへどうぞ


ホルミシス原材料販売

写真

ホルミシス効果の為の良質な原材料をご提供いたします

原材料商品詳細ページへどうぞ